Live at Helluva Lounge / E-marronics

E-marronics / Live at Helluva Lounge

E-da(ex.Boredoms,exAOA)
Drummer、Music producer、 UK 在住。
90年代後半にBoredoms、AOA などで活動後、2002年に渡英。DJ Scotch Egg ことShigeru Ishihara とのリズムセクションでSeeFeel (Warp Record) 、Drum Eyesを中心にGlastonbury Festival 、Bestival なども含む、EU 各所でライブを中心に活動。現在はSeefeelの再活動と音的にはソロに当たるAudio Visual project : Adrena Adrena でShort film 制作、ライブをメインに活動。Punk、Jazz、Dance music、Minimal,、Dub, Phycheを通過したドラミングを得意とする。

marron aka dubmarronics
1969年9月7日、滋賀県野洲町生まれ。
12歳の頃ギターと出会って以来、ご飯とお風呂とトイレ以外はずっとギターを持ったまま四六時中弾いているギターマン。ジャンルにとらわれることなく様々な音楽を独自のフィルターでアウトプットする音楽家。

ソロ名義では、インプロビゼーション(即興)とアンビエントをベースとした独自の手法により“ギターエレクトロニカ”というスタイルを確立させ進化を続けている。

坂田学との「dubdub on-seng」ではドラムンギターという編成での可能性をjaponicaレーベルでの12インチシングルCalypso On-Sengの特大ヒットで披露。DJ Daichiとのハウスミュージックを基盤においた「Based on Kyoto」でのthink global move localの実践、自身のユニット「dubmarronics」での今までにないアンビエントの定義、勝井祐二・山本達久との「プラマイゼロ」でのジャム、SOFTのSHIMIZとの京都観光案内兼ロックジャムユニット「ギターヒーロー観光協会's」など、音楽に関わる総合プロデュースを含め活動は多岐にわたる。

アルゼンチンのFernando Kabusacki、シアトルのBill Horist、イギリスの映像作家Max Hattlerなど海外のミュージシャンやアーティストとのコラボレーションも多く、数多くの音源リリースやライブパフォーマンスを行っている。
シアトルの舞踏チームP.A.Nの音楽担当として、春川インターナショナルマイムフェスティバルにてdokkebi awards受賞。パフォーマンスグループholonの音楽担当として、ACCサウンドパフォーマンス道場にて審査員特別賞受賞。
近年は定期的にアジアツアーを展開するなど、精力的に活動の幅を拡大中。

2017年、marron aka dubmarronics名義4作目となるアルバム「voicing for example 4 - simple pleasure -」を5bit Recordsからリリース。

爆笑の先に何かあると信じるスマイリーな音楽自由人。



marron aka dubmarronics
E-Da Kazuhisa
Live in Kobe 22.Sep.2017

photo : Daisy Dickinson
Artwork & Design : IPPI

https://www.facebook.com/E-marronics-221304455132364/

Live at Helluva Lounge / E-marronics

¥ 2,200

*Tax included.

*Additional shipping charges may apply, See detail..

About shipping fees

The shipping fee for this item varies by the shipping method.
Customers can choose the shipping method at time of purchase.
  • Smart-Letter

    This shipping method cannot have the delivery status and guarantee

    Shipping Fees are the same all over country inside Japan 180JPY
  • Letter-Pack

    Your delivery status can be checked online.

    Shipping Fees are the same all over country inside Japan 370JPY

*Japan domestic shipping fees for purchases over 5,000JPY will be free.

Report